駒込・巣鴨エリアを盛り上げる街の魅力発見ブログ

駒込・巣鴨の街情報Top » 駒込散策ガイド » 駒込3丁目の神様 ヤマトタケルノミコト《 妙義神社》

駒込3丁目の神様 ヤマトタケルノミコト《 妙義神社》

カテゴリ : 駒込散策ガイド

子供の頃の大切な遊び場 三丁目にある、        妙義遊園 妙義神社 でも、本当は太田道灌が、必勝祈願に、訪れていたすごい神様の神社だった

私が、小学生の頃はゲームもなく

学校の校庭開放も

日曜日だけだったので

いつも、学校から帰ると皆で、集まって

遊ぶ場所を探しました

いつも、だいたい男の子たちが

この妙義公園の真ん中で

ドロドロになって野球をしていました。

女の子は、公園のはじの木の周りで

ゴムダン、ゴム飛びをしていました。

そんな、懐かしい遊び場が、

とてもきれいになって整備されて

今では、

とても立派な有名な神社に、なっています.

そんな、ステキな神社に弊社の提灯も

出させていただくことになりました。

昔は、全然何の神様だか知らず

裏側に入ってかくれんぼなどして遊んでましたが、

太田道灌が、東北へ成敗に行く途中で

立ち寄った祈願所だったそうです。

豊島区内の最古の神社として

伝えられているそうです。

12代景行天皇の皇子で、勇敢で立派な人物だった

日本武尊、ヤマトタケルノミコトを、

御祭神としている神社だそうです。

道灌が、妙義神社に必勝を祈願し

見事に勝利を納めました。

それから、

《妙義神社は勝負の神様》《戦勝の宮》

と、呼ばれるようになったそうです。

全然知らなかった(-_-;)

そんな、すごいところだったの?

この写真の場所で、よく弟グループと

私達、お姉さんグループで喧嘩したけど。。。

そして、この道の奥の倉の裏側に入り

タイムカプセルらしき物も埋めてたような。。。

どうなったのかな~?

夏休みの夜には、花火もしました

近所のお母さんや子供たち、三軒以上の家族たちで

(手で持つ花火は、大丈夫だけど。。。)

近所の中学生のお兄さんが、家の目の前の

駄菓子屋さんで、ドラゴンを(噴出花火)買ってきて

その花火に火をつけてしまう。。。

必ず、宮司様の山本さんが出てきて、

お母さん達も一緒に皆で、叱られました.

でも、何故か、みんな笑顔で宮司様も楽しそうに

注意していた?怒ってたの?

みたいな、記憶があります。

「宮司様がきたぞ~って」

叫びながら逃げるお兄さん達も楽しそうだったな

でも、今の妙義神社は、いつも、静かです

最近は、近所に保育園ができたおかげで

少しは、

子供達の楽しそうな声が聞こえてくるようになったのかな?

桜の季節には、この公園も染井よしの桜がとても素敵ですよ!

是非一度(≧▽≦)

駒込不動産屋 SJSコーポレーションの新田でした(*^^)v

東京都豊島区駒込3-16-16

記事投稿日:2017年09月08日